ブログ鎌倉つれづれ

ワイマールから138人のお客様

0
    平成18年2月25日(土)

     PM ・ワイマール市民訪問団記念コンサート
       ・浅尾慶一郎議員早春のつどい


     ドイツのワイマール市から来鎌している市民訪問団138名が、鎌倉芸術館で音楽を通じた交流をしました。

     ワイマールといえばワイマール憲法発祥の地として、ゲーテやバッハ、リストなど文学者や芸術家が活躍した町として知られています。市民レベルで交流を続けている湘南日独協会が橋渡しとなって、平成13年に市民親善都市となりました。

     日本の琴や尺八の幽玄な音色に耳を傾けた後、訪問団の一人で国際的なピアニスト、アンネ・フォルガーさんがバッハやモーツアルトの曲を披露しました。途中退席したので、すばらしい演奏が聴けずに残念!

     昨日は鎌倉中央公園で植樹式があったそうです。世界遺産都市のワイマールの市民の目に鎌倉はどのように映ったのでしょうか。学校訪問やカルチャー体験などのメニューがあったら、もっと市民交流が広がったかもしれません。

     秋にはニースとの姉妹都市記念事業も予定されています。市民参加型、体験型のアイデアをぜひお寄せください。

     浅尾議員を囲むつどいに参加させていただきました。国政報告では「民主党は逆境にたたされているが、耐震偽装、ライブドア問題で明らかになったのは、時代によるモラルの変化、低化である。それを改善するために、政治の制度を変えていくのが政治家の使命」

     「大きな被害を被った人が救済されない制度ではなく、懲罰規定を盛り込んだ法制度の改正や、天下りをさせないような省庁の人事制度改革が必要」と述べられました。

     今日の会では、一連のメール問題に関する厳しい意見は出なかったようです。しかし新聞報道によれば、民主党議員が週末地元に戻れない厳しい状況です。

     4点セットといわれる小泉政権のつまづきを、今国会で徹底追求しようとしていた民主党にエールを送った人は多かったのではないでしょうか。そんな矢先、メール騒動が一人歩きしてしまったことに、支援者から批判と怒りの声が上がるのは当然です。

     問題メールの信憑性が証明できないなら、その点についてはきちんとけじめをつけるべきです。議員の進退判断を先送りしたままで、国政調査権の発動を求めても、国民の理解は得られないままです。
     
     目前には逗子市議会選、横浜市議会補選。地域でがんばっている人たちの声をぜひ聞いてほしいと思います。







    本会議

    0
      平成18年2月23日(木)

      AM ・総務委員会   
        ・団会議     

      PM ・本会議
        ・逗子で小林かずしげ候補と駅立ち
       

       本会議で陳情2件と議案の審議を行い、市長から新年度予算の提案説明を受けました。

       ゞ牝2丁目の急傾斜地崩壊危険区域に隣接する開発についての陳情:採択
      ∋圓斉藤建設を告発するよう求める陳情:不採択。同建設が古都保存法に違反して市内2カ所で、土地の変更や木の伐採などをしていた問題について。

       建設委員会では市の対応の遅さ、放置していた責任を正す意見が集中しました。事業者は市の是正指導に従い、今年12月までに変更した箇所を全て是正する計画を約束しているので、その進捗状況をチェックし適切な指導をすることが必要です。

       国民保護法施行に基づき、武力攻撃事態における国民保護対策本部などを設置する条例を制定し、スポーツ施設や公園の条例を一部改正しました。スポーツ施設は毎月最終月曜を除く、毎週月曜は開場となります。

       教育委員会の藤原敬子委員の再任、市長・助役・教育長の平成21年までの給与削減、小児医療費助成を少学3年生まで拡大(所得制限付き)などを可決しました。




      代表質問に向けて

      0
        平成18年2月20日(月)

         2月28日、3月1日に行なわれる代表質問のために、会派全員で議論、検討し案にまとめました。徹夜明けの岡田代表は、自ら眠気を払うかのように格調高い前文を読み上げ、7人がそれぞれの角度から1年の総括をしました。

         私が担当したのは行財政改革、野村総研跡地の整備、景観法の運用など。一般質問とは違い、7人で練り上げる質問作りは大変な作業ですが、和気あいあいとできたのは皆の人柄?原稿には皆個性があっておもしろい。とことん前ふりが長いのは○○さんなど・・

         数十枚に及ぶ原稿が一応形になったのは6時過ぎでした。質問をするのは勿論岡田代表です。

        町への愛着は地域の底力

        0
          平成18年2月19日(日)

           材木座4丁目の住民の方が景観を守る会を立ち上げ、初総会に渡邊議員とオブザーバーとして出席しました。紅ガ谷では近年、正田邸などの別荘跡地の開発が続いています。個々の開発について、地元住民として住環境を損なわないように住民の意思を反映させようとするものです。

           開発のお知らせ板が出る前に、住民と事業者が十分な意見交換をすることによって、より良い形で開発を進めることができるというモデルケースになってほしいと思います。

           道路沿いの昔ながらの石積みと桜の木を残してほしい、そんな住民の声に耳を傾けて、事業者は図面を修正することになりました。細かい要望を聞き入れてもらえば、住民の方も多少の不便は「お互いさま」と思えるでしょう。
          市内で多発している開発トラブルを防ぐには、そういった意思疎通が鍵になるのかもしれません。

           午後は「明日までの宿題」に終始しました。会派で代表質問を持ち寄ることになっているのです。時は刻々と過ぎていきます・・




           


          総務委員会では

          0
            平成18年2月16日(木) 

             総務委員会での審議を報告します。

            (神17年度一般会計の補正予算は2,260万円の追加で歳入歳出総額は553億8,040万円
             歳入のうち市税が6億2,500万円の増。給与所得の市民税がそのうちの75%。歳出は退職予定者の増加による職員手当や機構改革、生活保護費の増額、入札差金(見積り価格よりも工事の落札価格が低い場合に生じる)による減額。

            3月25日〜4月2日までの土・日の臨時窓口、5月13日から毎週土曜の窓口開設
             市民課(証明書・住民異動など)と保険年金課が開設します。

            8共工事における賃金等確保法(公契約法)制定を国へ求める意見書提出についての陳情(継続)

            じ共サービスの安易な民間開放は行なわず、充実を求める意見書提出に関する陳情(継続)

            サ戝羆公民館分館跡地を売却するのではなく市民のために活用を求めることについての陳情(継続)
             
             都市政策化―平成12年の生涯学習施設の再編整備計画で、旧分館跡地は博物館・文化財資料館の方針であった。平成14年野村総研跡地の寄贈により、複合博物館は野村で検討することになり、旧分館跡地は処分の方向になった。現在までに鎌倉警察、一部を鎌倉女学院から申し出を受けている。

             これまで市民にそうした経緯の周知がなかったことを指摘し、今後公共施設全般のあり方を考えていく上で、1つの機能だけでなく、子ども・青少年・高齢者が交流できるような複合施設を検討してほしいと要望しました。

            国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部条令の制定
             平成16年9月施行の国民保護法により、市町村は武力攻撃が発生した場合、避難・救援などの対策本部を設置することが定められています。

            野村総研跡地利用の検討について
             検討委員会では、自然・歴史・美術の複合博物館と市民活動交流館を基本的機能にすることをまとめました。単なる箱物ではなく、文化や自然、子育ての活動づくりをめざし、文化財研究など大学との連携を図ります。

             耐震補強については、本館と生物科学研究所の2館について各3、4千万円の費用が見込まれます。来年度は野村橋の補強設計、民間事業者のプロポーザル募集を行ないます。

            ┨垪眄改革の取り組みについて
             学識者による事務事業外部評価の報告によると、改革に取り組む姿勢が欠けている、外部評価結果を改善につなげていく仕組みができていないことが指摘されていました。成果の視点が利用者の視点、満足度と離れている点も気になりました。


            景観がキーワード

            0
              平成18年2月14日(火)

               「先がける!美しい景観は私たちの宝もの!」と題した景観シンポジウムが昨日、小田原市で開かれました。久しぶりに訪れた小田原の玄関口はすっかり変身。スーパー成城石井とスターバックスがここにも!観光案内も充実し利便性もアップしたのですが、全国どこでも変わらない駅ビルになってしまうのは少し寂しい気もします・・

               基調講演は景観法の産みの親、国土交通省の岸田里佳子さん。ルール付けの背景には近年、国立市に代表されるように全国で景観論争が起こり、国民全体が景観に強い関心を持つようになったことがあります。公共の空間を市民の将来にわたる財産と考えれば、名所旧跡を守るだけでなく、どこにでも地域に合った作法があるはずです。

               小田原市では、全国初の市内全域を対象にした景観計画が2月から施行されました。特に建物の色を細かく定めているのが特徴で、小田原城と駅周辺を重点区域に指定しています。小田原城のすぐ近くに建ってしまった高層マンション、その二の足を踏まないように高さ制限もかけました。

               いずれにしても、地域の経済的活性化とのバランス、住民の合意形成は欠かせません。鎌倉から参加したパネリストの波多周さんは、子どもたちに住んでいる町を知ってもらおうと町歩きをしています。「いいものを知って、いいものを作ってほしい」と話されました。”町の物語”が想像できるようなまちづくりとは何か、考えてみたいと思います。
               




              頑張れ 小林かずしげ!

              0
                平成18年2月11日(土)

                 昨晩の浅尾そろばん塾では、元外務事務次官の竹内行夫さんによる「日本のアジア外交」の講演を聞きました。その内容は、アジア外交というのは中国、韓国だけでとらえるのではなく、インド、パキスタンまで広いアジアとの関係を見据える必要がある、というものです。

                 戦後、日本は自国の復興とともに、ODAを初めとする多額の経済協力をし世界に貢献してきた。日本企業の海外進出は、途上国の現地の人たちに雇用の機会を与えている。だからこそ、東南アジアの人たちと日本は和解ができたのだといえる。

                 靖国問題、日中韓問題など矢表に立たされることは多いが、中韓との問題だけにとらわれるのではなく、アジア全体を見る複眼的視点も必要である。半世紀以上、一度も戦火を交えることなく国際貢献をしてきた日本に対するアジアの国々の信頼感にもっと自信を持ってほしい、と語られました。

                 トリノ冬季オリンピックでは、韓国と北朝鮮がそろって入場行進。ひと昔前なら想像もできなかったことです。日中韓の青年たちが共に歴史の勉強会を開くことも不可能ではありません。全ての国は人から成り立つのですから。


                 さて、今日は逗子の市議会選挙候補の小林かずしげさんの応援に伺いました。40歳働き盛りの小林さんはサラリーマン経験16年、現在介護ヘルパーとして活躍しています。人生で最初の転機となったのは、高校生の時の米国留学だったそうです。

                 氷点下15度の寒い、片田舎で何よりつらかったのは、差別でした。「神風、忍者」とからかわれる日々の中で、自分も日本では無意識のうちに、障害者の人や東南アジアの人を差別していたことに気づいたと言います。

                 話せば話すほど、真面目な人柄があふれる小林さん。現場の声とはかけ離れた介護保険の改正に怒っていました。現場の声を市政に!がんばれ!

                相模原市へ

                0
                  平成18年3月10日(金)

                   午前中は、議会に提案される議案と18年度予算案の説明を市長から受けました。来年度の主な新規事業を挙げてみると、

                  ・幼稚園就園奨励費のアップ、小児医療費助成の拡大(小学3年生まで)、低年 齢児保育の開始、深沢地域に保育園・障害児放課後施設等の整備
                  ・不登校児童・生徒のフリースペース開設、七里ガ浜の子どもの家・会館の整 備
                  ・高齢者割引乗車の共通バスカード導入、稲村ガ崎・今泉の特養老人ホームの 整備(19年開設予定)
                  ・休日歯科診療所の開設(レイウェル内) 
                  ・防災行政無線の増設、今泉消防出張所の新設
                  ・小学校警備員の配置、防犯アドバイザーの増員(退職警官)
                  ・鎌倉駅西口駅前・市役所通りの整備、材木座街区公園の整備、大船駅エスカ レーターの整備
                  ・障害者のグループホーム・作業所の整備
                  ・窓口業務の土曜日開庁、コールセンター運営準備

                   その後は会派の久坂さん、山田さんと相模原市へ視察に。自治体シンクタンクの「さがみはら都市みらい研究所」の取り組みについて、教えていただきました。

                   行政職員が通常業務に追われ、将来予測される課題に対応しきれなくなりつつある。そんな現状をふまえて、市民、学識者、市職員らが共同で長期的視野に立った調査研究、政策提案を行なう組織です。地域の市民力を掘り起こし、行政課題を共に研究していくのは興味深いことです。近い将来、都市間で政策を競い合う時代に備えて。

                   夜は浅尾慶一郎参議員議員主催の勉強会に参加させていただきました。






                  2月定例会始まる

                  0
                    平成18年2月8日(水)

                     今年度最後の2月定例会が始まりました。会期は3月23日までの44日間です。本会議では千一さん、吉岡和江さん、高橋浩司さん、高野洋一さんの4人が一般質問に立ちました。

                     そのほか、12月議会で継続審議になっていた鏑木清方記念美術館と鎌倉文学館の指定管理者に、鎌倉芸術振興財団を決定しました。財団が鎌倉芸術館の指定からはずれて規模が縮小となったため、慎重な審査が求められていました。

                     再度選定委員会にかけて、今後の施設運営や事業内容が確認されたことが、1月の総務・文教委員会で報告されていました。

                     千議員は、‐祿下埃立支援法による負担増に対する助成について段差の高い歩道の改善障害者のバス無料券配布についてなど。

                     吉岡議員は、深沢のまちづくりについて。総合拠点整備計画に位置づけられているが、交通アクセス、インフラ整備などの課題を指摘。

                     高橋議員は、ヽ発許可取り消しになった岡本マンションの道路問題通学路の危険なブロック塀の改善について。,任楼稻,箸気譴神榮擦良分について、建設事業者から変更申請を市が受理(2月7日)した点について質問。休憩をとって市が県に確認しました。開発許可が取り消されても、当初の許可申請は生きているので、改めて申請があった場合、市は処分行為(許可か不許可の判断)をしなければならないと答弁。

                     高野議員は、教育行政、特に卒業式・入学式での国歌の指導のありかたについて。

                     以上の一般質問の後、議案を各常任委員会に付託し、午後8時終了となりました。

                    男子厨房に入るべし

                    0
                      平成18年2月7日(火)

                       明日から2月定例会が始まります。会派ごとに代表質問をするので、私たちの会派では一般質問を行ないません。今日はそれぞれ、研修で振り分けた代表質問について所管課でレクチャーを受けたり、準備の1日でした。昨日体調をくずしたのが痛い。

                       お昼に蓼沼誠一さん主宰「男の料理教室」にお邪魔しました。会員は200名余、20年以上のロングラン男子専科の料理教室です。私は出来上がったところに伺い、食べる人でした。今日のメニューは中華料理で、肉団子のスープとあんかけ焼きそば。化学調味料は一切使わずに、だしから取るという本格派です。体に優しい美味しさでした。

                       「何回位作れば、上達しますか」という質問も出るほど、皆さん真剣そのもの。後片付けも素早く、丁寧に済ませておられました。お手伝いもせずにごめんなさい。ご馳走さまでした。   
                          

                         
                      このエントリーをはてなブックマークに追加


                      カレンダー

                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>

                      プロフィール

                      衆議院議員 早稲田ゆきの活動報告「ブログ鎌倉つれづれ」です。 昭和33年12月6日生まれ/鎌倉市雪ノ下在住/白百合学園小・中・高卒業/早稲田大学法学部卒業/前神奈川県議会議員(2期)/  

                      最近の記事

                      テーマ

                      アーカイブ

                      プロフィール

                      検索

                      その他

                      携帯サイト

                      qrcode