ブログ鎌倉つれづれ

防犯ボランティア支援条例を求める陳情を採択

0
    平成21年12月18日(金)

     9月5日早朝に、腰越在住の防犯NPOの代表自宅に、嫌がらせの域を超えた落書き、器物損壊行為が行われた事件を重く見て、防犯パトロールを行っている3自治町内会などが、事件の徹底解明と再発防止策、防犯ボランティアの安全と補償を確保するセーフティネットの条例を求める陳情大18号を提出。本会議で総員で採択しました。

     同じ趣旨で、嫌がらせの物損、暴走行為等、反社会行為の社会的制裁措置や、防犯監視のためのモニターカメラ設置を盛り込んだ陳情第20号は賛成少数で不採択。民主党市議団では飯野議員が両陳情の賛成討論を行い、どちらも賛成しました。

     陳情20号については、鎌倉みらい、共産党、公明党、ネットワーク鎌倉、新かまくら民主の5会派が反対討論をしました。

     防犯ボランティアの中心的存在の自宅に起こった悪質な事件は、同じ活動をする市民の方々に強い不安と怒りを巻き起こしました。総務常任委員会で陳述された七里ガ浜自治会長によれば、夜間の見回りをしていても見知らぬ人から暴言をはかれるなど、不安を抱く場面も少なからずあるそうです。

     普段からの防犯活動による抑止力は、目に見える効果を上げています。平成15年まで市内の刑法犯罪は年間約2700件と増加。16年から防犯パトロールなどの取り組みが進み、20年には年間約1300件まで半減しています。防犯団体は現在252団体。

     市民協働の精神からも、市民の自主的な取り組みが安全に行われるように、行政、議会が積極的にバックアップする仕組みづくりが重要と考えます。



    JUGEMテーマ:日記・一般
     
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント
    応援してます!!頑張ってください。
    • 元鎌倉市民
    • 2009/12/24 1:41 AM
    コメントする








       

    カレンダー

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    プロフィール

    神奈川県議会議員 早稲田夕季の活動報告「ブログ鎌倉つれづれ」です。 昭和33年12月6日生まれ 鎌倉市雪ノ下在住 白百合学園小・中・高卒業 早稲田大学法学部卒業  

    最近の記事

    テーマ

    アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    • 定例会閉会
      fine

    リンク

    プロフィール

    検索

    その他

    携帯サイト

    qrcode