ブログ鎌倉つれづれ

超党派の勉強会 「介護保険法改正」

0

    平成26年10月9日(木)


     みんなの党、維新の党、神奈川ネットワーク運動、民主党の有志による合同勉強会に参加しました。

      「2015年介護保険改正と市町村の役割」について、淑徳大学の鏡諭先生から講演していただきました。

     今回の改正は高齢者と家族、市町村に大変厳しい内容です。国の財政逼迫を理由に、来年4月から介護予防の訪問介護と通所介護を国の事業から外し、市町村の地域支援事業に。
    ...
     全市区町村は、猶予期間も含め2017.4月の開始に向けて、制度設計や条例化に追われています。事業の担い手は介護事業所の他に、民間事業者、NPO、ボランティアなど多様化。

     更に、「地域包括ケアシステムの構築」には在宅医療と介護の連携が欠かせない。地域包括ケアシステムや医療に係る権限は、ほとんど市町村ではなく県。地元医師会と市町村がどれだけ連携できるかが、在宅医療介護のポイントということです。

     市民生活に直結する問題。介護生活に不安や負担を増やすことがないようにしなければ、と改めて考えさせられました。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント
    コメントする








       

    カレンダー

        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    プロフィール

    衆議院議員 早稲田ゆきの活動報告「ブログ鎌倉つれづれ」です。 昭和33年12月6日生まれ/鎌倉市雪ノ下在住/白百合学園小・中・高卒業/早稲田大学法学部卒業/前神奈川県議会議員(2期)/  

    最近の記事

    テーマ

    アーカイブ

    プロフィール

    検索

    その他

    携帯サイト

    qrcode