ブログ鎌倉つれづれ

近藤誠一前文化庁長官が講演

0
    平成25年7月10日(木)


     前文化庁長官近藤誠一さんの「これからの鎌倉」と題した講演会が鎌倉で開かれました

      世界遺産登録が不記載となったイコモスの勧告について、中世都市の象徴的な政権拠点の遺跡、すなわち幕府跡が発見されていない点が決定的ではないか、と説明されました。西欧の価値観では精神文化より、物質的で目に見えるもの、科学的に証明できるものに限られることを理解して、できるだけ対象を絞る戦略も重要と分析。

     たとえば三保の松原。イコモスは富士山の一部ではないとして、登録には除外する方針でしたが、ユネスコ委員会で逆転し、登録入りしました。日本人の価値観でいえば、広重の浮世絵に代表されるように、富士山を見るのになくてはならない場所であっても、科学的に証明されないものは価値を認めない。そこに世界遺産登録基準とのズレがあるようです。
     
     今後再挑戦するとすれば、幕府跡の発掘調査など、相当の覚悟と持続力が必要であり、市民の十分な議論は欠かせない。一方、世界遺産以外にも、廃墟の町が文化で再生した仏ナント市を例に、日本版文化芸術都市の方向性を探る提案もありました。

     示唆に富んだ講演でした。市民の皆さんと今後を考えていきたいと思います。


    JUGEMテーマ:日記・一般


     

    鎌倉の世界遺産不登録、イコモス勧告仮訳の全文が発表。

    0
      鎌倉の世界遺産不登録について、ようやくイコモス勧告仮訳の全文が発表されました。勧告から20日後、なかなか情報を出したがらない体質は改めるべき。27日18時25分から、県知事、鎌倉、横浜、逗子の3市長が勧告への対応を記者発表します。





      PDFはこちらから
      このエントリーをはてなブックマークに追加

      1

      カレンダー

            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      プロフィール

      神奈川県議会議員 早稲田夕季の活動報告「ブログ鎌倉つれづれ」です。 昭和33年12月6日生まれ 鎌倉市雪ノ下在住 白百合学園小・中・高卒業 早稲田大学法学部卒業  

      最近の記事

      テーマ

      アーカイブ

      最近のコメント

      最近のトラックバック

      • 定例会閉会
        fine

      リンク

      プロフィール

      検索

      その他

      携帯サイト

      qrcode