ブログ鎌倉つれづれ

4人に3人が投票に行かない!低投票率を挽回のために

0

    平成27年4月24日(金)

    4月12日 鎌倉市における神奈川県知事選挙 40投票所ごとの投票率(市選挙管理委員会資料)

     以前のブログでも書いたように、神奈川県議選前半の投票率は41.81%で過去最低を更新。知事選は40.71%。県議選が無投票だった鎌倉市は、知事選の投票率は30.09%でした・・

     市選挙管理委員会の資料から40投票所の投票率を調べてみると以下のようになりました。

    [投票所別投票率ベスト3]

    1、イトーヨーカドー大船店1階催事スペース  37.37%

    2、西鎌倉自治会館              34.01%

    3、今泉台町内会館              33.61%

    [投票所別投票率ワースト3]

    1、関谷小学校体育館             26.54%

    2、工房ひしめき               26.87%

    3、長谷公会堂                26.89%

     投票所のうちダントツは、イトーヨーカドー大船店内に新設された投票所で37.37%。投票済証明書を見せると食料品が5%引きになるサービスを初めて実施し、投票率アップになりましたが、それでも40%にも及びません。傾向として大規模住宅地の自治会館やマンション群の集会所で投票率が高いことがわかりました。

     全国で学生向けに大学キャンパスに期日前投票所が開設されるなど、特に投票率の低い若年投票率向上への取り組みが始まっています。国会では選挙権を18歳以上に引き下げる議論が行われており、高校における模擬選挙なども拡大する必要があります。

    「投票率の向上」「若年層の政治参加」への早稲田夕季の活動

    ヽ慇献ぅ鵐拭璽鸚犬亮け入れ
    かまくらFMに学生インターン生が出演

     学生インターン生を常時受け入れ、これまで5人の大学生がボランティアとして、政治活動を手伝ってくれました。朝の駅頭活動をはじめ、地元行事への参加、本会議の傍聴、県施設の見学、FBへの活動報告などを通して、議員が日常どんな活動をしているか、議会でどんな議論をしているのか知ってもらうことで、政治を少しでも身近に感じてほしいと思います。学生からは「日頃から議員が地元の声を聞いていることがわかった」「友達にも選挙に行こうと呼びかけたい」と、報告もいただいています。

    ∩甍霤塚宍┐噺譴蹐「ご近所トーク」
    ご近所トーク深沢地区

     各地域でミニ県政報告会「ご近所トーク」を開催しています。中二階と言われる県政をわかりやすく、特に鎌倉市に関連する課題を取り上げて報告します。これまで取り上げたテーマは「県の予算について」、「防災・津波対策」、「これからの介護・医療連携」、「海の家の問題、健全な海水浴場」など。一方通行にならないように、市民の方々との意見交換を大切にしていますが、毎回熱い議論が飛び交い、大変勉強になります。今後は、各回のテーマに合わせた講師をお招きしてバージョンアップを目指します!

     


    統一地方選挙の後半戦へ

    0

      平成27年4月19日(日)

      斉藤つよし元内閣副官房長官も、小林のぶゆき候補の応援に駆け付けました。

       横須賀で小林のぶゆき市議候補が元気に第一声。新人の4年間、ITを駆使して横須賀市政を「見える化」、パワフルな行動力で市民の声を形にしてきました。朝夕の駅頭に立ち、議会活動ビラを配り、徹底的に横須賀市政を「見える化」したことで、税金の無駄撲滅や中学校給食導入に向けた取り組み、市事業のチェックシートの公開などを実現してきました。横須賀市民の皆さん、2期目へと応援して下さい!


      善行駅前で決意を述べるたけむら雅夫候補

       次は、藤沢市議会選挙で3期目に挑戦するたけむら雅夫候補の応援に。たけむら候補は、格差や貧困問題が子ども達に広がっている現状を見すえて、教育の充実、子どもの育ちを守る具体的な政策を常に提言しています。教育が十分に受けられない子ども達への就学支援もその一つです。小さな声、弱者に寄り添う市政をめざす竹村さんを3期目へと押し上げてください!

       


      当選証書をいただきました

      0

        平成27年4月17日(金)


         4月15日、神奈川県議会議員選挙の当選証書を授与されました。鎌倉市選挙管理委員会北村委員長から「鎌倉市初めての無投票ということで、色々複雑な思いを持たれていると思うが、これまで以上に市民の声を聞き県政発展に尽力して下さい」とお祝いの言葉を頂ました。大きなご支援をいただいた皆様へ感謝申し上げるとともに、身の引き締まる思いです。

         選挙という市民と政治が一番身近になる期間において、無投票によって候補者が県政の課題や政策を訴えることができず、市民も候補者に直接意見や疑問をぶつける場面がなかったことは大変残念でした。これまで10年間、日頃から駅頭活動に立ち、ブログやフェイスブックやツイッターで自らの考え、政策を発信してきた積りです。とはいえ、やはり市民の方が政治への関心を高めるのは選挙期間なので、選挙活動を告示日の1日しかできなかったことは複雑な気持ちです。

         今後4年間、「早稲田夕季に託してよかった」と言っていただけるように、いただいたご支援は仕事でお返ししてまいります!
        当選が決まり、支援者とともに黒岩知事も駆けつけて下さいました。

         神奈川県議選の投票率は41.81%で過去最低を更新。知事選は40.71%。県議選が無投票だった鎌倉市は、知事選の投票率は30.09%でした・・

         投票所のうちダントツは、イトーヨーカドー大船店内に新設された投票所で37.37%。投票済証明書を見せると食料品が5%引きになるサービスを初めて実施し、投票率アップに。全国で学生向けに大学キャンパスに期日前投票所が開設されるなど、投票率向上への具体策が広まりつつあります。

         議員の資質が問われる問題が多発し、政治不信、政治離れに歯止めがかからないのは大変残念です。知ろうとしない、考えないままに国任せ、他人任せにすることはとても危険です。自分のこととして考える政治。地域から皆さんと考え、発信していきます。

         4月4日以降12日までは一切の選挙活動、政治活動を選挙区においてすることができないので、仲間や先輩議員の応援に走りました。百人百様の選挙スタイルは大変勉強になったうえに、応援させていただいた5人全員当選といううれしい結果になりました。一方で、仲間が議席を失う悲しい結果もあり、反自民の受け皿になれなかったことは大変残念です。党本部はこの事実に真正面から向き合わない限り、党再生はできません。神奈川から、「生活起点」「働く者の立場」の再生のために取り組みます!

        南区 きしべ都県議候補 いとう純一横浜市議候補の応援で商店街を歩きました。


        港南区 うらみち健一県議候補と街頭演説

        逗子・葉山 近藤だいすけ県議候補の選挙カーで応援  


        横須賀市 大村博信県議の選挙カーで応援



        都筑区 「生きるをささえる!」山口ゆう子県議と街頭演説。


        インターン生・ブログ

        0

          平成27年2月28日(土)
          [インターン生 鈴木英太]

           2月20日、ロイヤルホール横浜で行われた、民主党神奈川県連新春の集いに参加させていた だきました。早稲田さんが残念ながらご欠席ということで、不安でしたたが高山さんに案内していただき多くの議員にご挨拶することができました。 

           

           開会後多くの議員が演壇で話す中、岡田代表が自民党に対抗する強い政党が必要であり、民主党再生には女性と地方に力をいれてやっていかなければならないと強く言っていたことが印象に残りました。また、多くの方が地方から国を変えていくという言葉を使っていると感じました。

           

           最後には民主党岡田代表とも写真を撮ってただくこともできました

          自分が普段生活している空間とは全く違うところだったので、非常に新鮮でしたし、貴重な体験ができだと思います。また、少しかもしれませんが、政治を身近に思えたように感じました。このような体験をさせていただけることに本当に感謝しています。


          インターン生・ブログ

          0

            平成27年2月22日(日)
             
             早稲田夕季事務所に2月から、インターンシップ(職業体験)の大学生のお二人に、「インターン生・ブログ」を担当していただくことになりましたので、ぜひご期待ください!
             

            [インターン生 西岡慶子・鈴木英太]

             2月19日、鎌倉のコミュニティ放送、鎌倉FMに私たちインターン生がゲスト出演させていただきました。セダさんの朝7時からの番組に、人力車・有風亭の青木登さんと対談形式でトーク。初めての体験にドキドキでしたが、青木さん、セダさんの自然な会話に引き込まれて、思った以上に楽しく話せました。


            田中セダさん、青木登さん、鈴木、西岡

             なぜ、議員のインターンとしてお手伝いしているのか?
            →元々政治には興味があり、議員の活動を知りたいし、幅広い方々と交流したいと思いました。
             政治は普段の生活に欠かせない。
            もっと若い人が政治に関心を持ってもらえるきっかけになれば。

            選挙権も18歳に引き下げられる方向に。自分たちの10年後、20年後の将来を決める大切な政治にみんなで参画していきたい。


            6地区の応援に いよいよ明日14日(日)は投票へ

            0

              平成26年12月14日(金)
              12.7神奈川新聞1面より

               衆議院総選挙も残すところあと1時間。所属する4区(鎌倉市、逗子市、葉山町、横浜市栄区)が民主党公認候補を出さない空白区となったのは、これまで議員として10年間で初めてのことでした。新聞社から取材を受けて掲載の通り、お答えしました。「県議の一人は、国政レベルで連携できても、地域の足腰は弱まる。今回選挙区内に民主の看板を掲げる機会がない。空白区はマイナス要因だ」

               「今度は誰を応援すればよいの?」と支援者の方から問われるのがつらく、長く感じられた12日間。組織として党本部の決定ではあるが、自主投票に強い違和感を感じながら、他地域の応援に走り回りました。

              12.8  7区の中谷一馬候補 

               神奈川7区で立候補した中谷一馬候補の応援に。自転車で回る中谷候補の後ろから選挙カーで訴えました。
              お店の奥から、マンションのベランダからも「頑張って!」と声援もしっかり受け止める中谷候補。
              母子家庭に育ち、働きながら通信制高校を卒業した経験から、学校にも行けない貧困の子ども達を救いたいと、退路を絶っての国政への挑戦です。同期の楠りえこ県議も駆けつけました。


              12.7 16区のごとう祐一候補


               神奈川16区ごとう祐一候補の応援に入りました。名切ふみな厚木市議からのお声がけで、本厚木南口でビラを配り、ごとう祐一支援を訴えました。ごとう候補は各地をくまなく自転車で回り、辻立ちを実施中。接戦の状況に揺るぎなく全力で駆け抜けてください!


              12.8 7区のあべともこ候補 
              12.12 岡田克也代表代行も応援に
                                        

               藤沢北口で、あべともこ候補の街頭演説会。私もマイクで「原発ゼロの会」を立ち上げたあべさんを応援しました。ビラを受け取って下さった皆さんありがとうございます。「12月8日は日米開戦の日。集団的自衛権の閣議決定は国民を無視した暴挙。こうして民意を問わずに戦争はいつも始まる。民主党は断固として撤回を求める」あべともこ候補は力強く訴えます。

              12月12日は藤沢駅南口で「あべともこ」候補の大詰め街頭演説。金子洋一参院議員、牧山ひろえ参院議員が応援に。岡田克也代表代行も駆けつけました。



              12月10日 山形3区の吉田大成候補応援に
              午前8時に飛行機で庄内空港着。山形3区「吉田大成」候補の応援に岸部都県議、市川よし子県議と、1日民主党宣伝カーで「山形3区から民主主義の再生を」と訴えました。酒田で開催された「山形3区・民主党吉田大成総決起集会」
              連合山形主催の決起集会。選対本部長の石黒県議会議員の応援に胸が熱くなりました。
              「神奈川県議の職を辞し当地入りしてから20日余り、骨を埋める覚悟で空港に降りた」吉田大成候補。民主の灯を再燃すべくガンバレ!



              12.13 9区の笠ひろふみ候補の応援
              に蓮舫氏、細野豪志氏

               13日最終日は新百合ヶ丘で笠ひろふみ候補と川崎駅で城島光力候補の応援。エイ、オー‼安倍政権の暴走に対する怒りに大勢の主婦や働く女性が集まり、牧山ひろえ参院議員、幸区の市川よし子県議とともに川崎の駅前を行進しました。急な円安による物価高、国民に問わずに集団的自衛権を容認したこと、大義名分なき総選挙、少人数学級や全国一律高校無償化の廃止、人からコンクリートへの予算移行…この怒りを城島光力候補に託そう!と声をあげました。

              このエントリーをはてなブックマークに追加

              1

              カレンダー

                 1234
              567891011
              12131415161718
              19202122232425
              2627282930  
              << November 2017 >>

              プロフィール

              神奈川県議会議員 早稲田夕季の活動報告「ブログ鎌倉つれづれ」です。 昭和33年12月6日生まれ 鎌倉市雪ノ下在住 白百合学園小・中・高卒業 早稲田大学法学部卒業  

              最近の記事

              テーマ

              アーカイブ

              最近のコメント

              最近のトラックバック

              • 定例会閉会
                fine

              リンク

              プロフィール

              検索

              その他

              携帯サイト

              qrcode