ブログ鎌倉つれづれ

上映会「みつばちの大地」

0

    平成26年11月25日(火)

    「世界からみつばちが消えていく」 花粉を運び、生命を育んできたみつばちがいなくなったら?三浦半島でも問題に。私たちが毎日口にする食物の3分の1はみつばちによって受粉されているのに…


    森林インストラクターでもあり、自然保護に詳しい池田正弘さんは「最近、みかん山でブーンというニホンミツバチの羽音が聞こえなくなった」と語る。

     映画会「みつばちの大地」、伊勢山皇大神宮宮司であり鎌倉ニホンミツバチの会代表の池田正弘さんの講演に参加しました。主催は「保育室みつばちを応援する会」。花から花へ花粉を運ぶみつばちの驚きの生態、ショッキングな現状に深く考えさせられました。

     池田さんは20年来養蜂に携わり、風致保存会のインストラクターとして、私も昔樹木の切り方を教えていただき、へっぴり腰でノコギリを引いた覚えがあります。...

     私達が食べる食物の3分の1はみつばちによって受粉されているそうです。しかし現在、みつばちが大量に死んだり、失踪したりする現象が世界的に起きています。池田さんのハチの巣箱も全滅したといいます。なぜ消えたのか。

     横須賀の小林のぶゆき市議長谷川昇市議が取り組んでいることから、私もこの問題を知りました。三浦半島でも同様に、みつばちが大量に消えてしまう事態が起こっています。稲作などに使う農薬ネオニコチノイドの影響が問題視されていますが、国で調査中です。

     アインシュタインの言葉「みつばちが全滅したら人間も4年で滅びる」を引用して、池田さんは「ハチが生きられない環境になれば人間も生きられないということではないか」。文明の複合汚染に、みつばちが自ら警笛を鳴らしているのではないでしょうか。「神道とは、日本に人間が住むのに、一番自然に負荷がかからない生き方を求めることと理解している」。池田さんの言葉が重い問題を提起しています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    1

    カレンダー

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    プロフィール

    神奈川県議会議員 早稲田夕季の活動報告「ブログ鎌倉つれづれ」です。 昭和33年12月6日生まれ 鎌倉市雪ノ下在住 白百合学園小・中・高卒業 早稲田大学法学部卒業  

    最近の記事

    テーマ

    アーカイブ

    最近のコメント

    最近のトラックバック

    • 定例会閉会
      fine

    リンク

    プロフィール

    検索

    その他

    携帯サイト

    qrcode