ブログ鎌倉つれづれ

〜ごみ減量をめざして〜シンポジウム

0

    平成27年5月17日(日)

    「ごみの少ない鎌倉を目指して」鎌倉市シンポジウムが、5月16日に開催されました。ごみ減量の事例を聞きたかったので、一部のみ参加。パネリストの報告から学びました。

     高田晶子さんの「ごみを出さないライフスタイル」。生ごみをフードプロセッサーで砕き、土に埋めて堆肥化。いつも7つ道具を自転車に、落書き消しに奔走される高田さんらしい徹底した生活ぶり。

     イトーヨーカ堂のごみを出さない売り方・買い方の仕組み。食品残さを生ごみ処理機で1/10に減量→堆肥化して全国10ヵ所のセブンファームで野菜栽培→収穫野菜を販売...

     京都市の市民、事業者、行政一体の取り組みは、小学校区ごとの活動がユニーク。お店の惣菜パックを、透明トレーから白い発泡トレーに替えてもらうだけで、重さが6割減。年間0.5tのごみ減量になったという。

     鎌倉市はリサイクル率日本一レベルである一方、1人当たりの家庭ごみ量は752gと県平均の694gを大きく上回る。当然ながら、1人当たりのごみの処理費は25年度、23,053円と高い(藤沢市16,959円、平塚市19,067円)。ごみ有料化から一月。4月分の燃やすごみが昨年度より21%の削減と報告されていますが、分別ごみはどのくらい増えたのか。

     改めてごみの総量を減らす道のりは容易ではないと感じました。リサイクルが進んだ今、事業者も市民も一緒にごみの発生抑制の仕組みを作ることが重要です。これまでごみ処理行政は、市民の家庭ごみのリサイクル、リユース、リデュースの3R推進に頼ってきた経過があります。更に最後の砦は、燃やすごみの半分を占める生ごみの減量化。

     しかしその一方で、事業系ごみの減量化が見えにくいのではないか。イトーヨーカドーのようなCSRの取り組みは大変興味深い。事業者にも減量化の取り組みを見える化し、拡大してほしい。大量生産、大量廃棄ではなく、「ごみを出さない売り方・買い方」を市民も一緒に取り組む必要があると思います。


    鎌倉市海の家のイベント審査会を傍聴

    0

      平成26年5月19日(月)

      DJ機材を示して説明


       鎌倉市役所で開催の「鎌倉市海の家のイベント開催に関する審査会」を傍聴しました。
      審査会は県ガイドラインに照らして、海の家の各イベントについて騒音対策や風紀対策、安全対策の14項目で評価し、開催の可否を決めるものです。これまで開催不可となったイベントはありません。


        海浜組合、海岸地域の自治会、市観光課等が参加。県ガイドラインには「DJブースは設けない」となっていますが、DJ機材を使用しても、音楽流す人、流す音楽によるのではないかと、説明がありました。へービックリ、という感じでした。議会のため1時間弱で途中退席しましたが、質疑は以下の通りです。

      ・DJ機材を示しながら説明。機材云々が問題というより、流す人、流す音楽によるのではないか。
      ・(市)県ガイドラインによればDJブースを設けないとなっているが抵触しないか。
      ・踊るためではない。機材が問題でなく、流す音楽による。
      ・そういう音楽機材があること事態がクラブ化招くのでは?音楽を流す人のモラルが必要。

       次に各イベントを個々に詳細な説明がありましたが、傍聴者には詳細な資料は配られないので、イベント内容はよくわかりませんでした。 基準となる80デシベルについて、実際に音を流して実証し、防音すれば問題ないことをアピール。
       

       自治会長さんも参加されていますが、海の家組合関係者の発言が多く主導的な印象を受けました。イベントをよく知らない方が多いわけで、イベントの内容を議論するのはむずかしいと思いました。




      日本バレエの母 パブロバの遺品寄贈の再考を

      0

        平成26年4月10日(木)

        日本経済新聞(26.4.8)31面より

         
         4月初旬、日本バレエの母と言われるエリアナ・パブロバの遺品が鎌倉市から新国立情報センターへ寄贈されることに、複数の市民の方から異論を唱えるご相談がありました。

         鎌倉市七里ヶ浜の国道134号線沿いに、「日本バレエ発祥の地」の顕彰碑とアーチがあります。ロシアから亡命してきたパブロバが、バレエスクールを建てた跡地です。妹のナデジダとともにバレエ教育に力を注ぎ、多くの教え子を育てました。

         ご相談の方の中には、母親がパブロバに習った、直弟子の先生に学んだという方もあり、昭和初期からの長い足跡を感じます。

         市民団体から鎌倉市に提出された要望書の概要は、

        ・鎌倉市文化推進課が吉屋信子記念館に保存しているパブロバの遺品は、ロシア革命、関東大震災、第2次世界大戦のさなかに鎌倉にバレエスクールを開設し、バレエ発展に貢献したパブロバ・ファミリーの遺品は鎌倉市で保存・活用すべきである。

        ・昨年3月から4月にモスクワのソルジェニーツイン記念館においても、記念展が開催され、今後も日露親善に大きく貢献する鎌倉市の重要な「地域遺産」である。

        ・日本バレエの母であるエリアナ・パブロバの遺品を他所に寄贈することがないように要望する。

         以上ですが、「文化都市鎌倉」と言いながら、鎌倉ゆかりの画家平山郁夫氏、漫画家横山隆一氏などの作品を他市に委ねてきた経過があります。文化施策としてこれ以上、ゆかりの作品の流出を防ぐことが必要です。

         前田邸や博物館用地、建物が寄贈されたことも踏まえて、広く文化遺産や地域遺産を他市に流出しないよう保存活用する取り組みを、市民の声として鎌倉市に要望しました。市は「市民の声を伺いながら検討する」と回答。引き続き注視していきます。



        条例案実効性なし 「鎌倉由比ヶ浜海岸にライブハウス」

        0

          平成26年2月11日(火)

          夏季限定ライブハウス「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」が復活、新天地は由比ガ浜

          http://www.cinra.net/news/20140206-otodamaseastudio

           鎌倉市は海水浴場の治安の悪化や風紀の乱れ等に対して、逗子市のような規制条例ではなく、理念的な「海水浴客のマナーアップを推進する条例案(仮)」、海の家に対しては8項目の自主規制で対応することに方針転換しました。

           そして市発表の翌日6日、上記のようにライブハウス音霊が、飲酒や音楽禁止となった逗子海岸から鎌倉海岸に移転して営業することが明らかになったのです。鎌倉市は「知らなかった」としていますが、目指していた規制条例を作らない、作れない鎌倉市の甘い姿勢を見透かした、ライブハウスの出店。

           県も条例ではなく、今夏もガイドラインの強化にとどまり、危機意識が欠如しています。ここ数年の風紀の乱れ、殺傷事件も発生した治安の悪化をみれば、にぎわいや活性化よりも「子どもを連れて行ける安全安心なファミリービーチ」にするための万全の体制づくりを引き続き求めていきます。

          鎌倉市海の家の新ルール

          仝畍8時半〜10時までは音量を下げる「波音タイム」

          ▲ラブ形態の営業禁止

          クラブ以外のイベントは市や組合等による協議会で事前審査

          げ山擇硫士未80デシベル以下

          テれ墨を露出しての入店拒否

          節度あるアルコールの提供

           

           逗子市は2月議会に、入れ墨の露出や音楽、バーベキュー、海の家以外での浜辺での飲酒の禁止を盛り込んだ海水浴場条例改正案を提出します。藤沢市片瀬西浜では、昨夏同様に海の家組合が決めた入れ墨露出や音楽の禁止の自主規制を概ね踏襲する方針。

           鎌倉警察は営業時間を近隣と合わせるよう指導していますが、鎌倉市だけが22時までの営業です(藤沢市20時半、今夏から逗子市は18時半)。足並みがそろわなければ、こうした事態になることは十分に予測できたはずです。「安心安全な海」を求める市民の声にこたえる対策を早急に取るべきと考えます。


          小町通り電線地中化完成

          0
            平成25年9月10日(火)


             鎌倉の玄関口、小町通りの電線類地中化事業の完成を祝う式典がありました。広々とした空の下、鶴岡八幡宮による神事が厳かに執り行われた後、テープカットを行いました。

             その後、とび職組合の皆さんによる木やりに合わせて、パレードに出発。武者姿のとんぼの会のメンバーらも参加し、観光客の人気を集めました。

             小町通りは幅員が4〜6mと狭く、地中にはNTTや東京電力など様々なケーブルが複雑に通っていたため、6年半もの長い工期と、9億5600万円の総事業費がかかりました。歩道のない道路における地中化事業は全国でも珍しい。市議の頃に川越の電線地中化を視察したことがあります。歩道がなく、幅の狭い商店街もありましたが、小江戸の町並みと言われる雰囲気を残した景観が印象的でした。

             毎晩のように地面を掘り返しては早朝に埋め戻す工事は、事業者にとっても商店街にとってもご苦労の多かったことでしょう。関係者の皆さんの協力なくしてはできない工事だったと思います。景観舗装の水はけが心配されましたが、側溝の整備や路面の傾斜により改善されました。

             一方で、商店街会員から景観問題を指摘する声も上がっています。電線地中化事業の効果を発揮するには、やはり鎌倉らしい景観と品格あるまちづくりの取り組みが欠かせません。商店街はもとより、市民参加で新たなまちづくりを進める契機としてほしいと思います。

            JUGEMテーマ:日記・一般




            鎌倉の世界遺産 推薦取り下げ

            0
              平成25年5月28日(火)
               再挑戦するなら、かけ声だけではなく、20年余の時間と税金を投入してきた世界遺産推進の取り組みをしっかり検証し、真剣に古都にふさわしいまちづくりを市民とともに進めるべきと考えます。6月発行のひまわり通信36号で、詳細をお知らせします。

               世界遺産推進の一方で、史跡周辺のマンション開発など乱開発の問題が後を絶たず、看板の規制や交通渋滞対策など、手つかずの問題が多すぎます。私も議会の立場から力不足を反省しています。

               新聞報道によれば、推薦書の作成など推進にかかった公費は約4億8700万円とありますが、史跡の調査、買収や保全管理に要した費用を入れれば、膨大な予算です。そうしたことも含め、山積したまちづくりの課題にどう取り組むのか、再出発の前に考えなければなりません。

              <世界遺産>「鎌倉」が推薦取り下げ 再挑戦意向も
              毎日新聞 5月27日(月)


              「鎌倉の世界遺産 不登録」はなぜか part3

              0
                平成25年5月6日(月)

                 県から私たちに送られた5月1日付文化庁の発表「イコモスの評価結果・勧告の概要」には、「震災リスク」は全く触れられていません。国は正確な情報を公開するべき。県や市はこの詳細について、どのように把握しているのか。昨年のイコモスの現地調査後、情報の問い合わせはなかったと聞いていましたが、1月に政府は資産の防火体制にかかる資料をイコモスに提出していた、と記事に記載されています。連休明けに調査します。



                鎌倉の震災リスク言及 世界遺産不登録勧告 津波「極めて深刻」』
                (神奈川新聞 H25.5.6 1面より転載)

                国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産をめぐり、「武家の古都・鎌倉」(鎌倉、横浜、逗子市)を「不登録」と勧告した国際記念物遺跡会議(イコモス)が、地震や津波といった自然災害を「資産保全の脅威」として勧告書に言及していたことが5日、分かった。文化庁は武家文化の物証の乏しさが「不登録」の主因と説明していた。勧告書はさらに、鎌倉が抱える地形的な脆弱(ぜいじゃく)性にも踏み込んでいた。(川島秀宜)

                    勧告書は、脅威となる自然災害として、地震、津波、暴風、火災を明記。とりわけ、地震と津波は「過去も資産に著しい影響を及ぼした」「重大なリスク」と指摘した。21の社寺・史跡による構成資産の大半は「沿岸部から比較的離れ、高台にある」とする一方、低地部の津波被害の可能性を「極めて深刻」と危険視した。

                 東日本大震災を受けて改定された県の浸水想定は、鎌倉市域への津波の最大波高を14メートル超と試算。構成資産の湾跡や一部の社寺も浸水域に含まれている。

                 室町時代後期に発生した巨大地震による津波で、鎌倉大仏の大仏殿が流出したとする古文書も残り、これらの震災リスクも勧告に影響したとみられる。

                 暴風と火災についてはそれぞれ、「気候変動は台風の猛威を増大しかねない」「社寺の木造建造物は極めてもろい」と言及した。2012年4月の暴風では、県内唯一の国宝建造物である円覚寺(同市山ノ内)の舎利殿が破損している。

                 勧告書から、日本政府がことし1月11日、イコモスの要請を受け、資産の防火体制に関わる詳細な資料を提出していたことも判明した。

                 勧告書はさらに、宗教行事や海水浴を例示し、年間2千万人近い観光客が「資産に損害を与える恐れがある」と指摘。交通渋滞についても「観光客の存在により、ますます深刻化している」と付言した。

                 フランス・パリのユネスコ世界遺産センターは4月30日、勧告内容を日本政府に通知。イコモスは「武家の古都・鎌倉」について、武家文化の物証不足を主因に「不登録が妥当」と評価したが、文化庁が5月1日に公表した勧告概要は、こうした震災のリスクや観光客の影響に触れていなかった。

                 6月16〜27日にカンボジア・プノンペンで開かれる第37回世界遺産委員会で正式に当落が決まる。政府は、この本審議で評価の格上げを目指すか、推薦を取り下げて再推薦するかを県や市と協議している。


                JUGEMテーマ:日記・一般


                 

                「鎌倉の世界遺産 不登録」はなぜか?part2

                0
                  平成25年5月3日(金)


                   鎌倉の世界遺産見送り報道から一夜。市民の方々からも色々なお声が寄せられました。

                   大船観音前マンション問題から始まり、構成資産の一つ荏柄天神の参道直近にマンション建設など、市は都市開発化にストップさせる意思がまるでない、まちこわしと言ってもよいほど使命感がない、大渋滞の交通政策には手つかずで登録には賛成できない市民も多い、などなど。

                   これまで市議会、県議会において、私が「世界遺産登録にふさわしいまちづくり」の質疑、提言をしてきたことを、以下にまとめました

                  ・商業地域の鎌倉駅周辺や若宮大路は高さ制限がない。景観地区制度を活用して、高さ規制を行うべきではないか。(H17.9月 市議会一般質問)
                  ・鎌倉駅周辺に新たな駐輪場の整備が必要ではないか。東急ストアの駐輪場付近に放置自転車があふれ、鎌倉の玄関口として美観を損ねている。(H17.9月 市議会一般質問)

                  ・観光都市として清潔な公衆トイレ、また観光案内板の整備を進めてほしい。(H17.12月 市議会一般質問)
                  ・交通問題について。由比ヶ浜等の駐車場を利用するパーク&ライドは渋滞解消に効果的とは言えない。朝比奈方面からの乗り入れに対応するパーク&ライドを検討し、車の流入を抑制してほしい。(H18.9月 市議会一般質問)

                  ・鎌倉地域における景観地区指定において、一律に15mの高さ規制をかけるのには反対。北鎌倉駅周辺は、県道沿いの風致地区の10mの高さ制限に合わせた規制にするべきではないか。
                  (H19.6月 市議会一般質問)
                  ・乱開発しにくいまちづくり条例、開発手続き条例への抜本的改正を要望。(H22.2月 市議会代表質問)

                  ・世界遺産候補資産の史跡「亀ケ谷坂」に、無許可でペット霊園が造成されたのは、県と市、各課のチェック不足である。文化財保護法や古都保存法の違反行為であり、直ちに原状回復を求めるべきではないか。(H23.6月 県議会一般質問)
                  ・世界遺産登録をめざす鎌倉における県道について県と市が協議連携し、歩きやすい歩道整備や無電柱化を推進してほしい。(H24.9月 県議会一般質問)

                   以上が世界遺産のまちづくりの観点からの質問です。この中で実現されたのは4点のみ。ヽ倉地域の15mの高さ制限(北鎌倉の10m規制は実現せず)△泙舛鼎り条例等の抜本的改正5汽叡坂造成の原状回復(未回復箇所もあり)じ道改修のための県・市の協議会設置

                   これだけを見ても、資産の保全に対し「都市化の影響は無視できない」とのイコモスの指摘が顕著であることがわかります。イコモスの厳しい勧告を契機に、史跡の保存だけでなく、「武家の古都」をうたうまちづくりの方向性を市民参加で議論し進めていくならば、長年にわたる関係者の努力も無にはならないはずです。
                  JUGEMテーマ:日記・一般


                  「鎌倉の世界遺産 不登録」はなぜか?

                  0
                    平成25年5月1日(水)



                     5月3日〜4日に通知予定であった、ユネスコ世界遺産委員会の諮問機関イコモスによる審査結果(イコモス勧告)の連絡が、1日01:47に県教育委員会よりありました。

                     「武家の古都・鎌倉」については、登録しない「不記載」が適当との勧告がなされ、「富士山」については三保松原を除き、登録する「記載」が適当と勧告。6月16日〜27日にカンボジアで開かれるユネスコ世界遺産委員会で、このイコモス勧告を踏まえて、登録の可否が正式に決定する見通しです。

                     ”世界遺産登録にふさわしい景観とまちづくり”を進めるために、推進してきた一人として、大変残念な勧告結果です。しかし、私がこれまで取り組んできた「ふさわしい景観とまちづくり」が、勧告では「周辺の都市化」という課題で指摘されていることも踏まえて、鎌倉市はしっかりと検証してほしいと思います。

                    「イコモスの評価結果・勧告の概要(鎌倉)」からの抜粋

                    ・顕著な普遍的価値
                    推薦書の説明は十分に包括的であり、鎌倉の歴史的な重要性は十分に説明されているが、現在の資産の状況は、連続した有形文化財として顕著な普遍的価値を有していることを証明できていない。

                    ・鎌倉の武家による政治と文化の伝統は、歴史上ユニークなものであるが、構成資産では精神的、文化的側面以外の物的証拠が少ないか(史跡、防御的要素)、ほとんど証拠がない(市街地、権力の証拠、生活の様子)

                    ・武家が鎌倉の地を選び、自然への働きかけによって防御性を高めたことは認められるが、それは鎌倉の防御的側面を示すのみで(切通し)、顕著な普遍的価値を有するとは言えない。

                    ・資産及び緩衝地帯の保全について
                    資産の保全方策と範囲については問題ないが、資産全体の視覚的完全性の観点から、資産の周辺が都市化されていることの影響は無視できない


                    文化財包蔵地域においては住宅建設前に文化財発掘調査を行わなければならない

                     以上の勧告の概要を見ると、従来から指摘されていた通り、鎌倉時代から現存する建物はなく、建物跡の遺構が残っているだけで、象徴的な幕府跡のような資産が現存していない点が大きいと思われます。

                     また、構成資産も多く、広い地域をバッファゾーンとしましたが、視覚的にヨーロッパのような歴史都市の趣がなく、都市化されている点が指摘されています。

                     以前から私は市議会、県議会を通じて「世界遺産登録にふさわしいまちづくり」について質疑し、提案もしてきました。たとえば、史跡の回りのバッファゾーンの規制。景観地区に指定し、高さ規制を15mとしましたが、鶴岡八幡宮の鳥居よりも高い高さです。看板等について、市独自の屋外広告物条例を今だ制定していません。史跡である切通しに、違法なペット霊園が造成されようとしました。などなど、鎌倉市の姿勢を疑うような問題が山積しています。

                     文化財や史跡の保全に加えて、これ以上の都市化、乱開発から町を守るためのツールとして、私は世界遺産登録を推進してきました。遠い古代からの恵みを受けて暮らす私たちは、やはり街並みや景観を守る努力をしなければなりません。

                     イコモスの評価は、まさに「世界遺産登録にふさわしいまちづくり」への意識不足を教えてくれたのではないでしょうか。


                    JUGEMテーマ:日記・一般


                     

                    鎌倉山開発で臨時の建設委員会

                    0
                      平成25年3月21日(木)

                       七里ヶ浜在住の方からのFBを転載します。「昨日ポストに入っていたチラシ。­鎌倉山から七里へ下りる一方通行­脇の市街化調整区域の山林が伐採­され、1000坪の土地に一軒の­家を建てるということで、鎌倉市­が許可してしまった。「1000­坪にたったの一軒」?  まず許­可をとって、禿山にし、開発戸数­を拡大しようという裏が見え見え­。この件での鎌倉市議会・建設常­任委員会が急遽開かれる。3/­19(火)14:00から。一人で­も多くの傍聴を呼びかけている。­隠していた図面が暴かれるか?!」


                       以前より市民団体からご相談を受けていた案件です。鎌倉山にある市街化調整区域(都市計画法上開発できない区域)の土地で、一部が既存宅地(昔建物が建っていた土地)であることから開発計画が持ち上がりました。

                       しかし、至る道路の幅員が足りないことがわかり、事業者は一旦開発計画を取り下げました。その後、別の個人から1000坪の土地に個人宅1軒を建設するという、常識では考えられない計画が出され、鎌倉市は許可!しました。ここで、1000坪の開発計画図面が出てきたため、
                      「やっぱり開発ではないか!」と急きょ、19日に臨時の建設常任委員会が開会。

                       委員から厳しい質疑が出されましたが、市は「照会したところ、そうした計画はない」との一点張りであった、ようです。委員会は市長の出席を要請し、事業者に再度計画の確認をするよう要望しました。

                       市民団体から県の開発審査会に不服審査請求が出されています。当局から説明を聞きました。注視していきます。


                      JUGEMテーマ:日記・一般


                       
                      このエントリーをはてなブックマークに追加

                      1

                      カレンダー

                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      プロフィール

                      神奈川県議会議員 早稲田夕季の活動報告「ブログ鎌倉つれづれ」です。 昭和33年12月6日生まれ 鎌倉市雪ノ下在住 白百合学園小・中・高卒業 早稲田大学法学部卒業  

                      最近の記事

                      テーマ

                      アーカイブ

                      最近のコメント

                      最近のトラックバック

                      • 定例会閉会
                        fine

                      リンク

                      プロフィール

                      検索

                      その他

                      携帯サイト

                      qrcode