ブログ鎌倉つれづれ

第1回定例会本会議で採決

0

    平成29年3月24日(金)

     

     

     5年ぶりに県税の減収が見込まれる厳しい財政状況の中、財政調整基金の取り崩しなどで収支を均衡させることとした一般会計総額は、過去最大とした昨年度予算と比べて735億円減の約1兆9402億円となり、今年度から県費負担教職員の給与負担事務の政令市移管への移譲分を除くとほぼ昨年と同規模を確保。

     

     昨年秋に650億円といわれた財源不足は、地方贈与税が110億円の増となる一方、地方交付税・臨時財政対策債が320億円の減となり、加えて給与改定の影響や国予算への対応等により880億円に拡大。28年度の収入増分510億円や事業見直し、不動産売却による190億円と財政調整基金を13年ぶりに180億円取り崩すことで収支を均衡させました。

     

     減収補てん債の発行や財政調整基金の取り崩しにより収支均衡を図らざるを得ない状況は、本県独自の問題ではなく、国が地方の必要とする一般財源総額を十分に確保せず、地方に削減義務を強いている地方財政制度そのものに原因があります。知事の「地方の歳出削減努力はすでに限界に達している」とのご答弁にあるように地方税財政制度の抜本的な見直しを実現するよう、国に対して強く求めることを要望します。

     

     また、産業労働常任委員会でも取り組んできた「長時間労働の是正及び同一労働同一賃金の実現を求める意見書」を採択しました。長時間労働、過重労働が社会問題となっているなかで、長時間労働規制法案をより実効性あるものにするためにインターバル規制、正規、非正規の待遇格差を是正するガイドラインの策定などを国に求めます。

     

     

     


    本会議で現年度分予算を可決

    0

      平成29年3月23日(木)

       

      3月22日 大船駅モノレール口で岡田和則市議の応援活動を行いました。6期目をめざす岡田さん、がんばりましょう!

       

      鎌倉駅前、若宮大路のニノ鳥居横の歩道工事

       

       若宮大路の二ノ鳥居のコインパーキング前の歩道拡幅工事が始まりました。隣接するファミリーマート前に長年の懸案だった歩道が整備されたので、ここも拡幅します。ようやく都市計画道路の形になり、何より通学路、観光の要所である現地が安全に歩きやすくなり、関係者の皆様に感謝いたします。

       

       22日の本会議で28年度一般会計補正予算(5億6900万円)はじめ、現年度分議案やスポーツ推進条例、職員給与、県議会議員報酬改正の条例等を可決しました。


       産業技術センター試験研究拠点整備費は1億9980万円。2分の1の国交付金を活用して、海老名の産業技術センターにIoT器機などの開発試験のために、気温や電波の高度な評価試験を行う施設を整備します。中小企業の技術支援に優先度が高いのか、現場の声はどうか。効率的な器機更新に努めていただくよう要望します。

       明日の最終本会議に向けて、本日は議会運営委員会、団会議が断続的に開かれています。


      産業労働常任委員会で採決

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

         

        平成29年3月17日(金)

        飯野まさたけさんが鎌倉駅西口で早朝より駅頭活動。がんばりましょう!

         

         

        産業労働常任委員会最終日、浦道健一委員長がご挨拶。「お疲れ様!」を込めて大村博信副議長室で写真撮影。
        23時現在、他の常任委員会が開かれているため待機中です。

        委員会採決では、平成29年度神奈川県一般会計予算のうち、産業労働局分237億2829万円他、諸議案に賛成しました。
        新規事業としては「自家消費型太陽光発電等導入費補助」2500万円、「ロボット実用化促進事業費」2986万円、「神奈川歴史観光振興事業費」4330万円、県障害者雇用促進センター(仮称)5929万円など。

        ...

        県の「インベスト神奈川」等の企業誘致策やロボット産業、観光関連事業の投資効果の検証について質疑。
        企業誘致策については、平成16年度以降助成金や税の軽減等552億円の費用を投入して、これまでの誘致企業からの県税増収効果は338億円、県内企業への発注額累計は2兆2599億円。誘致の結果、新たな雇用と県外からの転入は2万3千人。着実に経済効果が表れていますが、操業における県内企業への発注が全体の30%台と低いことを指摘しました。設備投資以上に長期間の操業での発注額は大きいので、県内発注を拡充するよう更なる働きかけが必要です。企業誘致が将来にわたり、県内中小企業とより良い連携を期待しています。

        また、企業誘致審査の際に、社会問題となっている長時間労働に関しても法令遵守の働きかけを求めました。経済のエンジンを回すとともに、安心して働ける労働環境の拡大につなげるべきと考えます。


        鎌倉版タウンニュース2月10日号に県政報告が掲載されました。

        0

          このエントリーをはてなブックマークに追加


          カレンダー

           123456
          78910111213
          14151617181920
          21222324252627
          28293031   
          << May 2017 >>

          プロフィール

          神奈川県議会議員 早稲田夕季の活動報告「ブログ鎌倉つれづれ」です。 昭和33年12月6日生まれ 鎌倉市雪ノ下在住 白百合学園小・中・高卒業 早稲田大学法学部卒業  

          最近の記事

          テーマ

          アーカイブ

          最近のコメント

          最近のトラックバック

          • 定例会閉会
            fine

          リンク

          プロフィール

          検索

          その他

          携帯サイト

          qrcode